Martin B Stanzeleit

(マーティン・スタンツェライト)

指揮・チェロ

ドイツ出身。エッセン国立音楽大学を首席で卒業。 チェロをヤンチャン・チョウ、ジークフリート・パルム、ハインリヒ・シフ、 ヤーノシュ・シュタールケル各氏に、指揮法を秋山和慶、ラインハード・カウフマン、 藤崎凡の各氏に師事。コペンハーゲンフィルハーモニー管弦楽団首席チェロ奏者を経て、 現在、広島交響楽団首席チェロ奏者。

■プロフィール

5歳よりチェロを始める。1990年、エッセン国立音楽大学に入学、 ヤンチャン・チョウ氏に師事。95年、同大学を首席で卒業。その後、ソリストコースで クリストフ・リヒター氏のもとで学ぶほか、ジークフリート・パルム、ハインリヒ・シフ、ヤナ・スターカー の各氏に師事。フォルクバンク・コンクールに入賞。95年よりドイツ室内楽アカデミー管弦楽団の一員として コンサートツアーに参加。デンマーク王立歌劇場に入団。その後、コペンハーゲン・フィルハーモニー管弦楽団 にチェロ首席奏者として招聘される。また、ブカレストフィルハーモニー管弦楽団、ハーゲン室内楽団 等とソリストとして共演。室内楽奏者としても、デンマーク、ドイツ、イギリス等でコンサートを多数行う。 またデンマークで毎年行われる夏のアンナベルク音楽祭に、レギュラーソリストとして招聘される。98年 夏より、広島交響楽団の首席チェロ奏者に就任。以後、大阪、仙台、山形等の各地の交響楽団の客演首席奏者 として出演。99年、ブルガリアのスリーベン・フィルハーモニー管弦楽団とチェロ・コンチェルトをCDに録音。 弦楽3重奏「パラス・トリオ」を結成し、広島、東京で公演する。 2000年、東欧諸国コンサートツアー、2001年 、広島でチェロ・ソロリサイタル(ピアノ:磯貝里枝子)、2002年、渡邊一正、伊藤文乃両氏と室内楽 「トリオ・ポストレーモ」を結成、広島、東京でコンサートを開催する。2003年より 「広響のメンバーによるオンリー・チャンバー・ミュージック室内楽シリーズ」を主宰、元ベルリンフィル メンバーのヘンリク・シェーファー氏を迎えるなどバラエティー豊かなメンバーと編成で開催。2007年で5年目 を迎える。2005年、NHK主催「平和巡礼2005HIROSHIMA NAGASAKI」に参加。2006年、再びブカレストフィルハーモニー 管弦楽団とブラームスの二重協奏曲をヴァイオリニストの姉と共演。ドイツにおいて「Neugierig auf Japan」 (日本に好奇心)を出版、レクチャー&コンサートツアーを企画し14ヶ所を回る。2007年4月よりNHKラジオ 「ドイツ語講座」のテキストでエッセイの連載がスタートする。この他に、2000年よりこれまで 5回に亘り広島交響楽団の定期演奏会などにソリストとして出演。また広島市民オーケストラ、精華女子短期大学 コミュニティオーケストラ(福岡)の定期演奏会にソリストとして出演しており、今後もさらなる活躍を 期待されている。